強い

頑丈な基礎へのこだわりが、安全性を高めています。

弊社は、まず敷地の地盤調査からスタートします。頑丈な家づくりは、何といっても基礎工事が重要です。建設予定地の地盤や地質を予想し、現地調査を行い敷地の地盤を見分けボーリング調査を行います。これらのデータをもとに、地盤を十分理解した上で構造計算をします。地盤に不安がある場合は、地盤に合わせた方式で改良し、頑丈な基礎に仕上げます。安全な家づくりの基本です。

コンクリートパイル抗基礎

支持層にコンクリートパイルを打ち込み
建物をしっかりと支える

深層地盤改良

地中に杭を何本もつくり、建物を、
この杭の力と地盤の支持で層で支える。

表層地盤改良

弱い地盤部分の土をセメント系や
砕石系と入れかえ地盤を強化する。

優れた耐震性は、大きい基礎・柱・梁にあります

阪神大震災は、家づくりにとってなによりも「安全で頑丈」が一番重要であることを再認識させました。弊社は、コンクリート建築の技術と豊富な経験を「優渾」に生かし、安全性にこだわった家づくりを進めて来ました。高品質の素材・仕様はもちろん、目にみえない所で確かな技術が安全性をしっかりと支えています。

建物をしっかり支える大きい柱

55×55cm以上ある柱は、安定感があり、折れません。

建物の構造を強くしている大きな梁

柱と柱をしっかり支える30×65cm以上の大梁、床をしっかりと支える30×50cm以上の小梁が、構造をより強くしています。

大きくて頑丈な基礎

地中(深さ1.2~1.5m)にしっかりと根ざしている。フーチングの幅1.2m以上。どっしりとした頑丈な基礎が建物全体をしっかりと支えます。